アンチエイジングストレッチ

なぜ若々しいのか?

ヨガ・ストレッチなどで体を動かす習慣をもっている人はなぜ若々しいのか?

 

ひとつには、呼吸法にあります。

 

深い呼吸をすることで、カラダの細胞一つ一つに酸素がいきわたり、血液の循環、血行が良くなります。

それによって体温も上がります。


そもそも、体温が高い人、体温を高める食事や運動習慣を持っている人は、免疫力も高まっていくため、カラダの機能的なアンチエイジングとして、若さは保たれていきます。

 

カラダを動かすことは、思考を止めますので、リラックスした状態のメンタルに改善効果を持ちます。心とカラダはつながっていますので、いわば、明るいポジティブな精神を保てるということは、エイジングケアとしても快適生活の基礎になります。

 

カラダを動かすことが、血流を良くし新陳代謝を促しますから、肌のターンオーバーも滞りなく順調に進み、メイクのノリも変わってきます。

 

* 深い呼吸を行う
* 適度にカラダを伸ばすストレッチをする

 

むずかしいやり方や、型にはめた動作が苦手でも、

シンプルに実行することで、深い呼吸や、カラダを動かす効果は、若さの維持として実感して受け取ることができます。

 

顔の血色も健康的なピンク色に変わり、肌のターンオーバーがスムーズになる上、リラックスした神経が、ホルモンバランスを正常にも整えますから、カラダノ内側から機能改善や若返りが起きてきます。

 

 

 


 関節を大きく動かしストレッチをすると、

年齢を重ねて酸化しがちなカラダの老廃物を排出する循環が

良好になっていきます。


適度に筋肉を使うことで血流を良くするだけでなく、ホルモンの分泌も促進していきます。

 

 

 

簡単ストレッチでアンチエイジング


 

1:座って脚を伸ばし、体を前に倒す。

 

2:つま先をつかむ

 

リビングで、ちょっとした時間にできるストレッチです。若々しい体を手に入れるのは習慣化がポイントです。

 

 

を動かす習慣がない人は、知らず知らず、関節や筋肉など、カラダノあちこちがどんどん弱くなり、かたくなります。

 

 

・駅のエレベーターやエスカレータではなく、階段を使ってみる

・バスではなく、自転車や徒歩で言ってみる。

・ランニングや散歩を習慣化してみる

 

・台所仕事の最中は、つま先立ちして過ごしてみる

・洗濯物を干すときは、伸び伸び姿勢で、背筋や腰を回すなどストレッチを取り入れてみる

 

忙しく時間に追われる毎日、つい便利なくらしが当たり前になり、ドアTOドアへ車移動しがちです。カラダを「伸ばす」という機会も減ります

 

カラダを動かさないで生活できる悪いサイクルになっていませんか?

いくら着飾っても、どんなにメイクしても、活力のある若々しさや、明るい生き生きした素肌や表情は、装えません。

 

年齢を重ねれば、カラダは弱って、かたくなるのが当たり前と思いがちなのです。

いえいえ、若さを保つアンチエイジングストレッチは、特別な事ではなく、もっと気軽なもっと単純です。血液はめぐり、酸素量は増え、機能が高まり、若さはもっと維持できます。

 

「カラダをまめに動かす」「無理なく伸ばすストレッチ」はエイジングケアであり、習慣にしていくと効果のあるアンチエイジングとしての綺麗と健康を願う人のお手入れなんです。

 

 

 

1背伸びをする 首を回す

2両腕を上げる、指を広げる握るを繰り返す、肩を回す

3背筋をそらす

 

4腰を回す

5両足を肩幅に広げてふくらはぎを伸ばす

 

ストレッチ

そこには、決まりはないのです。「気持ちいい」そう感じる程度に、筋肉や骨、関節をほぐして、伸ばしましょう。

 

体温上昇、血流、血行の改善によって、顔や首筋の血色もより良くなり、弾力のある素肌のつややかな若さを保てます。

 

 

習慣化していくことで、徐々にカラダの動きはなめらかに、やわらかくなります。

関節の可動できる範囲も広がっていきますので快適にラクに、エイジングケアは楽しくなりますよ。