男と女の恋愛心理

恋愛ホルモン

 綺麗と健康を願うすべての女性に、恋愛のおススメです。

通常時と恋をしている時では、心とカラダにどんな違いがおきているのでしょう?


人が恋に落ちる時、脳内にはPEA (フェニール・エチル・アミン)というホルモンが大量に分泌されます。

 

いわゆる、恋愛ホルモンです。脳内麻薬とも、「惚れ薬」 ともよばれています。

 

人生に対しての向上心を上昇させ、やる気を起こし、大きな快感をもたらしてくれます。特に、始めて見る、新しくて魅力的なもの。手に入りそうで、なかなか簡単には手に入りにくい、遠ざかっていってしまいそうなものにたいして、分泌されるホルモンです。

 


出会ってから、ほんのわずかな時間、ダンスをしただけのシンデレラに対して王子様は「強烈な恋をしました。12時の鐘が鳴った時、自分から遠く離れてしまう、もう手に入らないかもしれない相手だと感じたシンデレラに対して、王子様は「恋した」と錯覚しました。

 

 

恋愛ホルモンは「初めてであった相手」「緊張感のあるドキドキする関係性」に対して大きく分泌されるため、緊張感を伴う初対面の関係のほうが、強烈な恋に落ちる可能性は高いのです。



ただ、実は恋をすると、恋愛ホルモンが分泌されるのではなく、


恋愛ホルモンを分泌させてくれた相手に、人は恋をしてしまうのです。

 

綺麗になっていく 自分らしい恋の叶え方

 

「つり橋効果」というのをご存知でしょうか?

 

ドキドキ不安な状態で、危険なつり橋を渡っているときなどにも、このホルモンが分泌されるのですが、その時一緒にいた相手を「好きになってしまう」というのが「つり橋効果」といわれるものです。人は無条件で、この恋愛ホルモンが分泌しているとき一緒にいる相手に対して「恋している」という錯覚をもってしまうわけですね。

 

 

 

 性欲を極端に高めるホルモンでもありますが、恋愛ホルモンの効果はそれだけではありません。


あらゆる神経を鋭敏にしていきます。眠気を忘れさせるほど覚醒作用も強いため、「どんなに眠くても会いたい!」という気持ちになってアクティブに行動できてしまう恋愛初期の状況は、この恋愛ホルモンの働きが影響してるわけです。

 

 

恋をすると綺麗になりますよ。


恋していると、人生がバラ色に感じたり、人に優しくできたり、やる気がおきたりしますね。そもそも、人を好きになって、愛に満ち溢れている状態のときは、ストレス耐性も高く、メンタル的にも若々しく前向きになることに伴い、体調もよく免疫力も高まると言われます。