自分らしい恋のはじめ方

女性の幸せの形

年齢を重ねると、女性の「幸せの形」は変化していきます。


安らぎや安定感、静かで、おだやかな時間の心地よさを求めるようになります。

 


人を恋する条件も、変化します。

 たとえば、学生時代、10代の頃お女性は


なぜか不良っぽいワイルドな男の子に心惹かれてしまうことがあります

 

それはなぜかといえば、理由はホルモンにあります。

 

女性は、無意識に、生き物として自然に、男性ホルモン(テストステロン)を多く分泌している男性に、本能的に惹かれてしまいます。その為、経験値の低い若い世代である1020代前半の女性ほど、本能のままに、不良っぽいワイルドな男性に惹かれやすい。

 

そして、徐々に年齢を重ねて、知性や理性が深まり、人生のあらゆる経験値が多くなるごとに単なる恋では終わらない安心感を求めるようになる女性は、男性ホルモンの持つ浮気っぽさや暴力性を嫌い、慎重に男性を選別していくのです。

 

  

男っぽさのホルモン、テストステロンは「愛と暴力のホルモン」ともいわれます。そのため、男性ホルモンを多く持っている男性は、一人の女性に落ち着くことなく、狩りをしますので浮気者になりやすいとも言います。

 

年齢を重ねた経験値の高い女性は、理性では、男性ホルモンを大量に分泌している男性を非常に遠ざけたがる、嫌う傾向もあるのです。

 

 

愛と絆の心理とホルモン

 

もうひとつ、バゾプレッションという「絆ホルモン」をご紹介しましょう・

 

これは、浮気防止ホルモンともよばれます。


夫婦や恋人同士、仲間同士の絆を強めるホルモンですから、このホルモンの分泌量が多い人は、たった一人のパートナーとの結びつきを強く求め、さらに、自分の身内意識、仲間意識も強いので、子供たちの世話もとても、かいがいしくすると言われます。


いわば、このホルモンは「浮気防止ホルモン」とも呼ばれます

 

そもそも、体内の水分バランスを調節するホルモンなのですが、これが少ない人は、何人もの異性を求めがちで、同時に複数人と付き合ったり、一人のパートナーでは満足できない傾向を持つようです。



このホルモンの分泌量が少ないという点に関しては、遺伝DNAによるところが大きく、遺伝で、ほぼホルモン量は決まっています。


ですので、どんなに言い聞かせても、理屈や倫理で教えても、神に誓わせても、浮気性の男性の浮気癖はあまり変わらないと、研究者の間では、認識されています。


 

ただ、それはそれで、許してしまえるほどの大きな寛容な心と、人間としての器や慈愛を、年齢を重ねるにつれて、女性側が身に付けてしまう事で、幸福の形も、さまざまに彩りを変えていくのかもしれません。