アンチエイジング 歌う心理効果

心理とアンチエイジング効果

たとえば、

カラオケで歌うことが楽しいなら、それは健康力を高めるエイジングケアにもなっています。

 

楽しむことで、副交感神経が刺激されます。

 

脳からは、快感ホルモンといわれるβ-エンドルフィンが分泌されます。

これは、ストレス解消になるだけではありません。大きな声で歌うと、体温も上昇し爽快感も高まり、それによってカラダの免疫機能が活性化されるのです。

ガンを攻撃するNK細胞の働きをも高めてくれます。

 

「一笑一若」ということわざがあります。

 

一つ笑う事で、一つ若返るという意味ですが、爽快に歌うことも、笑うことと同様な効果を持っています。大きく腹式呼吸をすることで、横隔膜が活発に収縮して呼吸筋を強め免疫力がを高めます。

大きな声を出す

大きく笑う、この効果は、新陳代謝を活性化して内蔵機能を向上させ、若々しい細胞へのターンオーバーといわれる回復力を促進してくれます。

  心理とカラダ 老化防止効果

 

心理とカラダと老化防止効果

ひとりカラオケというのも、流行っていますが、大声で好きな歌を思いっきり歌うのは、とてもいいアンチエイジングというだけでなく、健康増進に役立つのです。

健康で綺麗に、楽しく充実した歳を重ねる。そんな日々を幸せというのかもしれません。

 

大声で歌うことで消化や循環機能は高まります。楽しく歌うことで、思い悩むことが少なくなり、思考の切り替えも早くなり、明るい快活なマインドで毎日を過ごしていると、自然と心身ともに健康をキープできるようになっていきます。

免疫力も活発に働くようになります。

普段は、いつも浅い呼吸をつい続けて暮らしていますが、それよりも、意識的に深呼吸や腹式呼吸をする習慣をもつことが、実は大きな健康効果があるといわれています。

息を大きく吸ったり吐いたりすることによって、新鮮な酸素がカラダの細胞まで、しっかりと行き渡りるために、血液中の老廃物が排出されやすくなりるのです。体内の血をきれいになるだけでなく、血流も良くなるという効果があります。