幸せ心理 大掃除と断捨離の効果

大掃除と断捨離で幸せな人生を開始する

 

 

【大掃除で幸せになる、断捨離で人生を変える】

参照:美人マインドアカデミー 総合情報


 

ストレスなく、生産性を高め、自分にとって快適な生活スタイルを保ち、大切なことに集中しようというとき、大掃除と断捨離を実践するといいかもしれません。

 

今、引っ越しをするとしたら、何が一番、捨てるのに困難ですか?

何を片付けるのが、負担ですか?

どんなふうに、部屋が、家が、整っていることが理想的でしょうか?

 

幸せな人生の流れを呼び込むにはまず、新しいものが入り込んでくるような「スーペース」「何もない空間」を、作っておくといいようです。

 

 

そのためにも、大掃除と断捨離で、不要なもの、使っていないもの、ガラクタを捨てる、手放すのは有効です。

たとえば、部屋の中のいらないもの、頭の中の古い考え、どうでもいい記憶、着古した洋服、クタクタの靴、などなど。

 

 

「捨てる」ときにいは、ぜひ、今まで一緒に過ごしてくれて「どうもありがとう」という感謝をこめて、手放してあげてください。今日まであなたを守ってくれていたものばかりです、感謝と共に、成仏させてあげましょう。

 

 

 

物質からは、その「モノ」独特の波動が発生しています。そのため、人は「身の回りのモノ」や「環境」からの影響を、意外に大きく受けて暮らしているのです。それは、人の価値基準や、生産性にも影響します。


だから「大掃除や断捨離が、幸せな生き方へ変化していくきっかけになる」と、実感する人も多いのです。



必要のない情報、多すぎる物、味わわなくてよい気分、いらない感情、それらを手放してしまえば、もっとラクに、ストレスフリーに、重要なことに集中できるようになります。

 

 

部屋からいらない物を捨てると、ものに縛られない生活が、はじまります。また、過去への囚われがなくなっていきます。物には無意識に想いや念が、こもってしまう場合もあります。たとえば、購入した頃の出来事、使っていた時期の生活のイメージが、モノには、まとわりついています。

 

身近に置いて、見たり、触れたりすることは、その頃の状態のまま(過去のあなたの)波動に、無意識に、影響されて続けて暮らしているようなものだという説もあります。

 

 

大掃除と断捨離で幸せな人生を

「好きなこと、好きなものを大切にして生きる」という明確な考えを持って、物質や、環境にこだわる人もいます。


懐かしい思い出の品や、栄光の記憶、優しかった祖父母、両親との時間が宿っているような品物は、心を和ませてくれたり、元気づけてくれたりもしますね。

 

モノには、目に見えないエネルギーがあります。


 

ほとんどのお金持ちの家は、スッキリと片付いていますが、短期間に、大きく人生を変えた億万長者でもある成功者に、こんな話を聞いたことがあります。

 

「昔のものを、身の回りにおかないようにしている。全部捨てました、当時の波動に引き戻されないようにするためにです」と。

 

昔のモノをそのまま使っていると、その時期の年収や生活スタイルが、自分のコンフォトゾーンになっていて、その枠の中で生きようと、無意識が働くと言います。

 

たとえば、辛かった、大変だった時期の記憶や思いが、波動としてモノにこびりついているなら、自分の人生をストップさせてしまうようなものだそうです。

 

その成功者は、「より前進したい、より良く変化したい」ということに、常に意識や集中力を向けていました。

目指す成功と資産、名声、そして幸福をすでに手にしている先駆者から、わざわざ、物を譲り受け、成功者からもらった財布や貴金属を、身につけて毎日を過ごしたそうです。

 

 

 

「過去の生活スタイルや、過去の記憶が、波動として宿っている物質や環境の中で暮らしていると、無意識に、人生の枠を設定されてしまいがちだ」と、彼は説明してくれました。

 

 

だから、彼は、すべてのものを新しくして、心機一転し続けたそうです。

 

 

不要なもの、長年使っていないもの、ガラクタは、あなたを同じ場所にとどめ続け、気持ちを散漫にさせてしまうようです。

 

だからこそ、もし、人生を変化させたいのであれば、今あるいは未来に向けて、より大切なことにフォーカスして、自分の枠を広げ新しく展開したいと願うのであれば

 

大掃除と断捨離は有効です

 

 

思い切って捨てて、「何もない空間」エンプティなスペースを開けることで、そこに新しい何かが、入ってくるようになります。

 

 

雑多なガラクタにあふれた環境に身を置いていると、意志や思考も散漫になるとも言われます。

 

 部屋の中に物が散らかっていたり、物が氾濫している環境にいると、無意識レベルでも、重要なモノにフォーカスできなくなります。気分も、散漫になりがちです。

そのため、人生にとって大切な重要な決断に、迷いや雑念が生じやすいのかもしれません。

 

 

いらない物を捨てることで、今を快適に変化させ、新しい何かを呼び込んで、より良い未来を描きましょう。